フィオラノ ソフトウェア ジャパン ブログ
    Twitter
  • Facebook
  • Google+

コレオグラフィ vs オーケストレーション

corp_brochure_168x203-OLD

SOA や BPM の世界では、ビジネス プロセスの構築や実行制御を指すものとして、コレオグラフィ と オーケストレーション という 2 つの用語が使われています。

Fiorano Software では、ビジネス プロセスの構築/実行を指す言葉として コレオグラフィ を意図的に用いています。

これは、コレオグラフィとオーケストレーションという言葉が意味するものが、ビジネス プロセスの構築/実行においてそれぞれ異なるからです。

1. 辞書的意味

コレ1. オグラフィ (choreography) とオーケストレーション (orchestration) の辞書などに掲載されている意味合いは、次のようになっています。

  • コレオグラフィ (choreography)
    バレーや舞踏などの振り付け
  • オーケストレーション (orchestration)
    オーケストラによる演奏方法

バレーとオーケストラとの間の大きな違いは、実演中に指揮者が存在するか否かという点にあります。
これを、ビジネス プロセスの構築/実行に当てはめて説明してみましょう。

メッセージング再入門 (後編) — イベント駆動と非同期メッセージング —

messaging

1.3 イベント駆動によるアプリケーション

1.3.1 イベント駆動と非同期メッセージング

現実世界の業務処理では、”何らかの事象 (イベント) が発生するとそれに応じた業務処理が実行される” というケースが数多くあります。例えば、イベントには次のようなものがあります。

  • 倉庫に部品が入庫した
  • 製造ラインで不良品を検出した
  • 株価が変化した
  • 新規顧客がデータベースに登録された
  • 在庫数が閾値を超えた
  • POS 端末で特定商品の売上げを検出した

今回は、イベント駆動によるアプリケーション実行とメッセージングとの関係について考察します。